【感動】実子3人養子81人を育て上げている俳優・杉良太郎の名言がもはや人類の父

芸能ゴシップッス!

aaaaa名称未設定-1

芸能生活50周年を迎え、今もなお精力的に活動をしている俳優・杉良太郎さん。

時代劇を中心に俳優として活躍する傍ら、慈善活動にも取り組んでいることで有名です。

今回は、そんな杉さんの名言を紹介したいと思います。

1. 父親として

出典 http://heart-0306.seesaa.net

杉さんは、実子3名・養子81名のお父さんでもあります。

人数の多さに驚くばかりですが、そこには杉さんの断固たる決意がありました。

第9回ベスト・プラウド・ファーザーin関西で特別部門として表彰された際のコメントで、次のように語っています。

「足長おじさんじゃない。健康面、学校、すべてを自分の子供と同じように」

出典 http://www.daily.co.jp

“足長おじさん”として接するのではなく、あくまでも“実の父親”として接しているのです。

「人間も動物も成長するまでは大人の責任がつきまとう。私自身、受賞をきっかけにこのことをもう一度考えてみたい」

出典 http://www.sanspo.com

表彰式の中で、少年犯罪の増加についても触れており、親の愛情が必要不可欠だともコメントしていました。

大人として、子どもをどのように導くのが良いのかを杉さんは考えているようです。

2. 特別矯正監として

出典 http://d.hatena.ne.jp

杉さんは、15歳の頃から刑務所への慰問活動を続けており、現在は法務省の特別矯正監に任命されています。

半世紀以上も受刑者や、刑務所で働く職員の方と接してきた杉さんの言葉は、厳しくもあたたかいものでした。

職員が仕事に誇りとやりがいを持てるよう、それぞれの犯罪傾向に対する専門官を育て、刑務所が ただ刑期を終えるための場所ではなく、再犯をさせないように矯正する施設になるようにしていかなければならない。

出典 http://d.hatena.ne.jp

杉さんは、刑務所を慰問した際に刑務官の方とも意見交換を行うことがあります。

現場で起きていることに耳を傾け、問題点や改善点についても法務省へ伝えているのです。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます