ジョニー・デップ 行方不明

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaaaa名称未設定-1

ジョニー・デップが行方不明になっている。

オーストラリアにおける『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作の撮影中に手を負傷し、手術のために一時帰国していたデップ。
予後は良好で、先週のうちにオーストラリアへ戻り、20日には撮影が再開される予定だった。
しかし、デップはチャーター機の待つ飛行場へは現れなかった。それだけではなく、Vanity Fairが報じたところによると、現在のところエージェントへの連絡を一切絶ってしまっているという。

オーストラリアの地元紙「Gold Coast Bulletin」によると、撮影チームの関係者はこう話している。
「主役の撮影が今日から行われるということは、製作がすでに走っているということです。
仮に、彼が少し遅れて週末に戻ったとしても、監督たちは撮影リストの変更を余儀なくされます。あらゆるスケジュールを再編成しなければなりません」。

ここ数ヶ月のデップは、明らかに“普通”ではなかった。11月の映画賞では酒に酔って支離滅裂なスピーチを行い、
日本での『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』の来日記者会見を欠席したかと思えば、翌日その理由を「チュパカブラにやられた」と説明。
このデップの変化には、出演作の成績不振がその一因を担っているかもしれない。

2003年に一作目が公開された『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ以外の出演作は、意外なほどヒットしていない。
『ダーク・シャドウ』『ローン・レンジャー』『トランセンデンス』、『チャーリー・モルデカイ~』、そして愛妻ハードと出会った『ラム・ダイアリー』。
いずれも興行収入は低空飛行で、評論家からも厳しい批評が投げかけられた。

英Telegraph紙はデップの最近の出演作について「頭がおかしくなるほどおもしろくない」とバッサリ。
英Guardian紙は『チャーリー・モルデカイ~』を「キリル・ボンフィグリオリ(原作者)のコメディ小説を実写化するなんて耐えられない」と、
題材のセレクトそのものに物言いを付けた。
さらに、The Hollywood Reporter誌は「この魅力のない道化芝居は、デップの最近の実績に汚点を残すだけで終わるだろう」と容赦なく批判した。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます