【悲報】ISISへ行ったひきこもりフランス人女性、性処理の道具にされる→その内容が衝撃的すぎた・・・

芸能ゴシップッス!

eye

1: 腕ひしぎ十字固め(大阪府)@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 18:10:04.77 ID:bSumplZi0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

 

sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
【AFP=時事】彼女は、「アラーの法律が支配する土地」へ移り住みたかった。だが気付けば、女性が性の対象物として扱われる専横な暴力の世界に捕らわれていた。

フランス人女性のナディアさん(21歳・仮名)は、今年の春にイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」のメンバーにネットのチャットルームで勧誘され、
ISが「首都」と呼ぶシリア北部ラッカ(Raqa)へ渡った。

だが彼女はすぐに幻滅した。過激化したIS戦闘員らが「コーランよりもカラシニコフ銃について夢想していた」からだ。

ラッカでISと過ごした激動の3か月の間に、彼女はISのメンバーと結婚・離別し、2回投獄された。それから何とか国境を越えてトルコに渡った末、警察に拘束された。

ISの戦闘員たちの生活について、「イスラム教に従っていたものはほとんどない。コーランもほとんど読まず、ただ戦争のスローガンを唱えて生活していた」と語った。
「大半はイスラム教に改宗した人々で、イスラム教についてほとんど知識がなく、シリアについてすぐに学ばなくてはならなかった」

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます