【悲報】安倍首相が吐血!? 麻生氏がふたたび首相になる可能性が浮上

芸能ゴシップッス!

eye
 持病の潰瘍性大腸炎を克服したと伝えられていた安倍晋三首相(60)の健康問題について、19日発売の「週刊文春」が「安倍晋三首相『吐血』証言の衝撃」という記事を掲載した。

 記事によると、首相官邸関係者の証言として、安倍首相は6月下旬に都内のホテルの客室で自民党議員らと会食。そのさなかに気分が悪くなり、トイレに駆け込み血を吐いたという。

 政府関係者は「当日の首相動静だと、稲田朋美政調会長らと食事した後、富ヶ谷の私邸に戻っている。総理秘書官は『痰に血が混じっただけ』だと否定しています。ただ、安倍首相は戦後70年談話や安保法案をめぐり支持率の低下を受けてストレスをためている。それで『疲れている』とみられていることは確かです」と話した。

 仮に痰に血が混じっただけだとしても体調不安が心配される。

 民主党関係者は「参議院で安保法案の集中審議が行われているさなか、一国の総理大臣の健康問題が報じられることが大きな問題です。野党は今後の審議の中で安倍首相の健康問題を追及していきます」と明かす。

 安倍首相は悲願の安全保障法案の成立にあと一歩の段階まで来ている。来月の自民党総裁選でも再選に意欲を示しているが、もしも体調不安や持病の再発が本当なら、今後の政権運営に支障を来すことになる。

 自民党関係者は「総裁選では、安倍首相の対抗馬擁立の動きは表立ってはありません。このままだと安倍首相の無投票再選が濃厚です。しかし、再選後、持病が再発して公務に支障を来した場合、麻生太郎副首相兼財務相への“禅譲”を想定している可能性はあるかもしれません」と語った。

 安倍首相の“吐血”証言は真夏の怪情報で終わるのか、それとも…。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます