40通近い手紙→返事は一通もなく…山本耕史、堀北にフラれ続けた6年 「もう来ないで」とまで言われていた

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaaa名称未設定-1

女優・堀北真希(26)と22日結婚した俳優の山本耕史(38)が24日、フジテレビ系「とくダネ!」の独占インタビューに応じ、初共演時から猛アタックを続けてきたが、6年間フラれ続けていたことを明かした。今年5月に舞台で共演し、毎日約40通の手紙を渡し続け、いきなり「結婚しましょう」とプロポーズしたことなど、結婚秘話を明かした。

2人は09年4月期のドラマ「アタシんち」で初共演。「すごい芯があるというか、(肝が)据わっているというか」と好意を抱き、連絡先を聞いたが、教えられたのは「事務所の(電話)番号でした」と相手にもされなかった。

翌10年には「わが家の歴史」で夫婦役で共演。クランクアップの日に「打ち上げで飲みに行こう」と誘ったが「行きません」と再び、フラれた。

その後もめげることなく、堀北が舞台をやれば、楽屋にあいさつに行き、「そろそろメールアドレスか携帯の番号を教えてもらえませんか」と直筆の手紙を渡し、アタック。しかし「何の反応もなかった」。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます