【栃木・茨城大雨】鬼怒川の氾濫・堤防決壊の原因はソーラーパネル設置だった!?とんでもない事実が明らかに!!!

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaa名称未設定-1

◆鬼怒川の氾濫、ソーラーパネル設置で丘が削り取られていた場所からも 

dba1cb14

茨城県常総市で9月10日、鬼怒川沿いの堤防沿いの複数の地点から水が氾濫したが、そのうちの1つである若宮戸(わかみやど)付近あたりではもともと堤防がなく、太陽光発電所の建設の際に、堤防の役割を果たしていた丘も削り取られていたことがわかった。

日テレNEWSによると、大型の土のうを積んで対応していたが、そこから水があふれたという。

国土交通省はこの日、若宮戸地区で、鬼怒川の水があふれる「越水」が確認されたと発表。この場所付近に堤防がないことは、2014年6月の常総市議会でも指摘されていた。

no title

さらに、この場所には通称「十一面山」という丘があり堤防の役割を果たしていたとされるが、この丘も民間業者のソーラーパネルの設置により、市に無断で削りとられていた。2014年6月3日、同市の担当者は市会議で次のように発言している。

御指摘の若宮戸地先におきましては、ことし3月下旬に若宮戸地区の住民の方より丘陵部の一部が掘削されているとの通報があり、現地を直ちに確認し、鬼怒川を管理している国土交通省関東地方整備局下館河川事務所へ報告したところでございます。

当該地区は民有地であったため、民間事業者の太陽光発電事業により丘陵部が延長約150メートル、高さ2メートル程度掘削されたものでありました。

今年度の出水対策といたしまして、下館河川事務所で検討をしていただいた結果、太陽光発電事業者の土地を借りて丘陵が崩された付近に掘削前と同程度の高さまで大型土のうを設置することとし、現在常総市とともに交渉を進めている状況であります。また、今後は下館河川事務所において築堤の事業化に向けて検討していると聞いております。(常総市議会議事録「平成26年5月定例会議(第2回会議)」より 2014年6月2日)

Google Earthでは、2014年3月22日の時点で、 この位置にソーラーパネルがあるのが確認できる。
no title

Pages: 1 2 3

4 Responses

  1. I just want to say I’m very new to blogging and site-building and actually enjoyed you’re website. Very likely I’m going to bookmark your blog . You absolutely have excellent articles. Appreciate it for sharing your web site.

  2. I simply want to tell you that I am just beginner to weblog and certainly enjoyed your website. Very likely I’m going to bookmark your site . You surely come with awesome articles. Kudos for sharing your web page.

  3. I simply want to mention I am all new to blogging and definitely liked this web site. Most likely I’m going to bookmark your blog . You amazingly have remarkable article content. Appreciate it for sharing with us your web page.

  4. Cristina より:

    I must congratulate the content. It is quite published in an interesting manner. Good job! P.S. I am looking for more reports – loyal reader.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます