【悲報】8.6秒バズーカーの悲惨な末路がコチラ→どうしてこうなった…

芸能ゴシップッス!

aaaaaa名称未設定-1

1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/09/23(水) 15:19:22.01 ID:???*.net
23日に松戸競輪場のイベントステージに登場した8・6秒バズーカーが、29日に出場する
「M-1グランプリ2015」の1回戦に向けて、1週間を切った現時点でも、まだネタができていないことを明かした。イベントステージの合間にデイリースポーツの取材に応じた田中シングル(24)、はまやねん(24)のコンビ。
田中は「M-1だから漫才をやるんですが、まだ何もできてないです。
時間がなくて、ヤバイです」と現状を吐露。「追い詰められないとやらないタイプなので」と苦笑いした。すでに8月から各地で始まっているM-1の1回戦だが、8・6秒が出場するのは29日。
ネットなどでは“1回戦で消えるのでは?”などと実力を疑問視する声もあるが、田中は「そんな声は気にしていても仕方がないので。
1組のエントリー者として頑張ることしか考えていません」と周囲の雑音はシャットアウト。
「ただ、冷やかしみたいにはならないように、ちゃんとした物を見せたいと思っています」と初出場らしく謙虚に臨む気持ちを明かした。M-1の1回戦は各組2分間の持ち時間でネタを披露する。
はまやねんは「NSCのときからネタの披露はコントでも何でも2分の持ち時間でやっていたから」と慣れた設定時間であることを強調したが、
田中は「ただ、漫才はNSC時代にもやっていなかった。
漫才での2分間というのは、また違うと思う」と慎重な姿勢をみせた。

ちなみに優勝賞金は1千万円。田中は「僕らが優勝すると言うとウソくさくなっちゃう」と本音は隠したが、はまやねんは
「それでも気持ちは優勝を狙っている。なんでも優勝したいので」と控えめながらも意欲的に話した。

この日のイベントでは2回ステージに立ち、年齢層が高めの競輪ファンの前でネタを披露した2人。
普段のファン層とは違う観客から、はまやねんに対して「ヒマやねん!!」などと強烈なヤジが飛び
「いやいや、まだまだ忙しいですよ」と、たじたじになりながら“ラッスンゴレライ”をアレンジしたネタを披露した。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150923-00000046-dal
2015/9/23 14:01 – デイリースポーツ

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます