【速報】ノーベル賞受賞の大村智名誉教授にとんでもない事実が判明 → その詳細をご覧ください

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaa名称未設定-1

;

1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/10/05(月) 19:00:33.46 ID:A9vC3tRS0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
アベルメクチン(イベルメクチン)は動物薬として1983 年から今日まで世界の売り上げ第1位をキープし、
ピーク時には年間の総売上が約1,000億円、1981 年から今日までは1 兆8,000 億円ほどとなる。
なお、これは1987 年のフランス政府の認可を皮切りにヒト用にも各国で認可されて使用されているが、
重篤な熱帯病オンコセルカ症およびリンパ系フィラリア症の予防と治療に使用され、
これらの撲滅作戦が展開されていることが挙げられる。既に集団投与法が確立され、
両者併せると1 億3,000万人余りの人々に投与され、両者ともに2020 年をめどに撲滅作戦が展開されている。https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2010/02/articles/1002-02-3/1002-02-3_article.htmlアフリカの風土病を退治して特許料250億円を受け取った学者物語
投稿者 北信五岳 投稿日 2012/2/15
米製薬企業メルク社との国際的な産学連携で250億円の特許料を得られらた
大村智先生の人生物語。

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます