【衝撃】HKT48指原莉乃「総選挙は極悪イベント」と暴露…その真相が

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaaa名称未設定-1
HKT48の深夜番組「HKT48のおでかけ!」(TBS)で、第6回AKB48総選挙で第2位になった指原莉乃が、その舞台裏での出来事を語った。

番組で共演していたお笑いコンビ、フットボールアワーの後藤輝基から、「いや~ほんと、残念やったなあ」と総選挙について話をふられると、指原は「やっぱ悔しいですよね」「総選挙の開票の翌日にノドがずっと痛くてかれてしまった」と語った。

ランキング発表後、指原はステージ場では一滴も涙は流さなかったが、舞台裏で総監督の高橋みなみから、「指原は1年間よく頑張ってくれた」と労いの言葉を掛けてもらい、峯岸みなみからは、「さっしーはこの1年、AKBのためによく頑張ってくれたよ」と労われ、そこではじめて涙があふれ出たという。

Pages: 1 2 3 4

1 Response

  1. 匿名 より:

    【AKB内のぎくしゃくした内情を暴露】
    とありますが、なかよしクラブじゃあるまいし、メンバーの方々はライバルと思って頑張っていると思うので、
    それなりの距離感をもって活動しているのでは?
    私もその番組を観てましたが、『「総選挙は極悪イベント」と暴露』って程では無かったと感じました。
    言葉は悪かったかもしれませんが、そういう見方もあると思います。
    私見で発言した事に噛み付き過ぎでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます