【衝撃】国分太一が引き金だった!SMAP解散騒動の衝撃的な内幕!

芸能ゴシップッス!

「これもすべては、飯島氏とジャニーズ副社長・メリー喜多川氏との不仲が原因です。メリー氏はSMAPを始めとした飯島陣営のタレントが、自軍であるTOKIOや嵐よりも大きく扱われることを極端に嫌いますからね。お上の顔色を伺う意味でも、勝手にコメントすること自体が難しい状況なんです」(テレビ局関係者)

それでも精一杯のコメントを出した国分だったが、前出の関係者によると、SMAPや飯島氏の締め出しに一役買ってしまったのは、他ならぬ国分なのだという。

「国分は前番組の『いっぷく!』を含めると約2年、TBSで朝8時から9時まで帯の出演を続けています。この際、メリー陣営からテレビ各局に対して『国分の出演中、他局に飯島陣営のタレントを出演させるのはNG』だと通達していたんですよ。そのため、木村拓哉(43)や山下智久(30)らは、ドラマの番宣に出演することさえ相当困難になってしまいました。井ノ原の『あさイチ』に関しては、そんなルールも強いられなかったのですが、国分登板時の各局の混乱は相当なものでした」(同関係者)

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます