朝霞15歳少女誘拐監禁事件の犯人に衝撃事実…中野区の23歳男が女子中学生を2年も自宅に…(画像あり)

芸能ゴシップッス!

5673a1b2-s

【社会】2年間不明の朝霞・15歳少女を無事保護、中野区の23歳男が監禁か 「秋葉原に行く」といなくなった隙に助け求める電話

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459079968/
1: 2016/03/27(日) 20:59:28.22 ID:CAP_USER*.net

2年前に行方が分からなくなった、埼玉県朝霞市の当時中学1年生だった女子生徒が27日午後、東京・中野区で保護されました。女子生徒は「一緒にいた男がいなくなった隙に警察に電話をした」と話しているということで、警察は23歳の男の行方を捜査するとともに、女子生徒が不明になったいきさつや2年間どのような状況でいたのか詳しく調べています。 

警察によりますと、保護されたのは、おととし3月に中学校を出たあと行方が分からなくなっていた、埼玉県朝霞市の当時中学1年生の女子生徒です。

齋藤杏花(さいとう あんな)さん。行方不明当時は中学1年生。

no title

anasaito20140627a3-1024x724

27日正午すぎ、東京・中野区のJR東中野駅近くの公衆電話から「助けてほしい」と警察に通報し、警察に保護されました。女子中学生は母親にも電話をかけていて、警察が持っていた学生証から本人と確認しました。けがはないということです。

女子中学生はおととし3月10日、中学校を出たあと学習塾に姿を見せず、帰宅した母親が自宅の郵便受けに「家も学校もちょっと休みたいです。探さないでください」などと書かれたメモがあるのを見つけました。
そして3月19日には、「元気で過ごしている。迷惑をかけてごめんなさい」と書かれた手紙が自宅に届き、警察は20キロほど離れた埼玉県上尾市内から投かんされたとみて捜査員を出しましたが、手がかりはなく、事件に巻き込まれた疑いもあるとみて調べていました。

保護されたとき、女子中学生は「一緒にいた男がいなくなった隙に電話をした」などと話していたということです。

警視庁によりますと、女子生徒と一緒にいたのは、中野区に住む23歳の男で、女子生徒によりますと、27日は「秋葉原に行く」と話していたということです。

また、女子生徒は、行方が分からなくなった当時の状況について、「知らない男に声をかけられて車に乗せられた」という趣旨の話をしているということです。そのうえで、「これまでずっと部屋に閉じ込められていたわけではなく、外出することもあったが、その際も男に監視されていた」という説明をしているということです。

警察は男の行方を捜査するとともに、生徒が不明になったいきさつや2年間どのような状況でいたのか詳しく調べています。

■行方不明になった経緯

女子中学生の行方が分からなくなったのは、おととし3月10日でした。中学校を出たあと、通っている学習塾に姿を見せず、行方が分からなくなり、夕方帰宅した母親が郵便受けにメモ書きがあるのを見つけました。筆跡は女子中学生のもので、「家も学校もちょっと休みたいです。しばらく友達の家です。さがさないでください」と書かれていました。

携帯電話や財布は家に置かれたままで、学校の制服を着ていたとみられています。女子中学生はそれまで家出をしたことがなく、「動機が見当たらない」という両親の要望を受け、警察は公開捜査に踏み切ります。

この女子中学生は、行方が分からなくなった10日の午後3時30分ごろ、いつもと同じように通学路を歩いている姿が目撃されたり、防犯カメラに映ったりしていました。防犯カメラの映像では、制服姿の本人が1人で自宅方向に向かっている様子が分かります。また、その15分後には、自宅の前で若い男と話している様子を近所の人が目撃していました。相手は身長が1メートル70センチほどで、手を広げながら話していたということです。

これまでのところ、この人物の特定には至っていません。さらに、行方不明からおよそ10日後、自宅に「元気ですごしている。迷惑をかけてごめんなさい」などと本人が書いたとみられる家族宛の手紙が届きました。手紙が入った封筒には上尾郵便局の消印が押されていましたが、その後、有力な手がかりは得られていませんでした。

警察の捜査と並行して、中学校の生徒の保護者などが中心となって女子中学生を捜す会が結成され、広く情報提供を呼びかけていました。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます