【衝撃】岡本夏生さんの降板の『本当の理由』がこちら・・・・・・

芸能ゴシップッス!

Techinsight_20150313_105255_1_s

: 超速V話題のまとめちゃん 2016/03/31(木) 09:26:26.32 ID:1m+coCBer.net BE:458511464-2BP(1000)
ついに“Xデー”が訪れたということか。タレント・岡本夏生(50)が29日をもって、4年半にわたってレギュラーを務めてきたTOKYO MX「5時に夢中!」を降板した。
降板理由の一つとして、先週の生放送時にインフルエンザ感染を告白して「周囲に迷惑をかけた」ことを挙げているが、実はそれだけではなかった。
2年ほど前には香里奈(32)に関する“舌禍事件”を起こし、業界の重鎮を激怒させてしまった。
その後もたびたび問題発言があり、もはや降板は避けられない状態だった。岡本は29日放送の最後に「すべての出来事には理由がありましてね。
実は今日が『5時に夢中!』最後の出演なんです」と切り出した。
その後、メモを読み上げる形で降板理由を明かした。「インフルエンザの後、診断書も(持た)ないまま8日のテレビに出てしまったことで、佐々木健介さんはじめ、すべての演者、スタッフの皆さまにとてもご心配をおかけしました」。
ただ「お医者さんには5日からは解熱しており、うつらないから8日の勤務は可能といわれています」とも語った。
岡本は8日に生出演した際、数日前にインフルエンザに感染していたことを告白した。
すでに一定の日数がたっており、周囲に感染することはないと説明したが、この日は佐々木健介(49)が出演しており、
健介の妻・北斗晶(48)は乳がんで闘病中であるため、視聴者から番組に批判が殺到した。

岡本は翌9日、自身のブログに「3月8日からの仕事勤務は可能である」と書かれた医師の診断書をアップし、謝罪したが
「視聴者から番組へのクレームが鳴りやまなかったようだ。
ただ岡本の言動でクレームや批判が来るのはこれまでにも数えられないほどあり、それらの積み重ねで降板に至った」とテレビ局関係者。

岡本が起こした“舌禍事件”で、業界を巻き込む大騒動となった最たる例は女優・香里奈(32)に関する発言だったという。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます