優香の結婚相手・青木崇高の素顔がヤバすぎた・・・・・

芸能ゴシップッス!

そんな青木は今から5年前、市川海老蔵と瑛太が主演した2011年公開の映画『一命』の出演に際して、周囲の関係者をドン引きさせる、こんな事件を起こしていたという。

「『一命』は受賞こそ逃したものの、同年のカンヌ国際映画祭に出品されました。当時、海老蔵は六本木殴打事件のため活動を自粛していたため、瑛太や三池崇史監督がカンヌに向かうことになったんです」(スポーツ紙記者)

現地では当然、世界各国のマスコミに向けて取材対応が行われるが、その現場に突然青木がフラリと姿を見せたという。

「青木は劇中さながら、侍のコスプレをしてその場に現れたことから、当然記者やカメラマンの注目はそちらに。驚いた関係者が、青木本人に一体どうしたんだと聞いてみると、『カンヌ招待と聞いたら居ても立ってもいられなくなり、自腹を切って駆けつけました』とのこと。所属のスターダスト・プロモーションも『せっかくだし一緒に取材を受けさせてほしい』と放置気味の対応でしたが、配給会社側は『ほかの出演者たちにあわせる顔がなくなる』と判断し、結局青木はそのまま帰らされてしまったそうです」(同)

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます