【衝撃】石原さとみ 始球式で“ふた房の巨乳トルネード”がエロ揺れ

芸能ゴシップッス!
maxresdefault
1:忍次郎 ★@\(^o^)/:2016/08/19(金) 04:36:53.08 ID:CAP_USER9.net
石原さとみ(29)がやってくれた。『サントリー ドリームマッチ 2016』の始球式で
“ナマコ唇&巨乳”“トルネード投法”で観客を総立ちにさせたのだ。「8月1日、石原は東京ドームで始球式を務めました。マウンドに上がった彼女は、野茂英雄氏の“トルネード投法”をマネして投球したのですが、
とにかく、そのフォームは野茂そっくり。かなり投げ方を練習したのでしょうね」(スポーツ紙記者)大きく振りかぶってクルッと後ろを向く石原のするほどの大歓声。ただそれは、フォームへの賞賛とは少し、内容が違った。
「トルネード投法は振りかぶったときに胸を大きく突き出すのですが、彼女も思いっきり巨乳を突き出して投げたんです。
そのおっぱいの張り具合といえば、ブラジャーの線がシャツから浮き立つほど。
生で見ていた男性観客たちは皆、『エロいい』『もう1球!』と拍手大喝采でしたよ」(同)

この日の石原は、濃紺でヒザまである長いシャツ風の上着を着用しての登場。かなりダボッとした着こなしだったが、
そのぶんユサユサした巨乳ぶりが十分堪能できたという。
「始球式のバッターだった元巨人軍の中畑清氏も、彼女のド派手パフォーマンスに大笑い。先発投手の宮本和知氏は、
すぐに握手を求めるほどメロメロ状態でした」(芸能ライター)

サイズはT157センチ、B86・W59・H85のDカップ乳。体全体から漂う色っぽさから、本誌命名「ナマコ娘」が、今や男性誌の通り名だ。
「石原の人気は、もはや女優一といっても過言ではありません。
彼女が始球式に登場すると、東京ドームがどよめきで揺れたほど。これほど男性ウケする女優は近年いませんから」(同)

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます