吉本芸人を40人以上喰った伝説の素人女!?カラテカ入江のトラウマエピソードがヤバすぎる・・・

芸能ゴシップッス!

a20160824-1

一流企業の社長からからマサイ族まで、ジャンル問わず「友達5,000人」を誇るカラテカ・入江慎也さんの、驚愕のトラウマエピソードとは!?

先輩芸人からの呼び出し

入江「デビュー1~2年あたりの話だけど、一時期、毎日夜中に先輩芸人から電話が掛かってきて、合コンのセッティングと麻雀をやらされる日々で。

(呼び出してくる先輩が)4人ぐらいいた時期は、深夜の電話が本気で怖かったですね。4~5年くらいは、ずっと地獄でした」

――人脈作りのノウハウもそこで鍛えられた?

入江「そうかもしれませんが、本当にキツかった。夜中の3時に突然『入江、今から合コン相手の女の子、用意しろ』とかそんな勢いですよ。

おかげさまで現在は、お金は先輩が出してくれるし、セッティングは後輩がやってくれるしで。リスクを背負わなくて済むようになったかな」

――それでも、そんな無茶ぶりに対応できるのはすごいです。

入江「コンパとナンパで、とにかく女性を集めていましたね。そういえばひとり、伝説級の女性をナンパしたことがありました。

“姐さん”って呼ばれてるギャル系の女子大生で、オレが3人くらいの先輩に紹介したんです。その後、2カ月くらい経ってから話してみたら、吉本芸人だけで40人近くから抱かれてました」

――……(絶句)

入江「姐さんには『コンビの片割れとやったら、その相方とは絶対に寝ない』っていう独自のルールもあって(笑)。さらに枕元には『次に抱かれたい人』リストが置いてあった。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます