工藤静香がFRIDAYに激白!裏切り説に反論!原因はメンバーの不仲ではなくこれだった!?

芸能ゴシップッス!

「どうして私たちが“裏切り者”呼ばわりされなきゃならないの!」と怒りをあらわにするひと幕もあったというのだ。

「本来ならば、これだけしゃべれるのは許されないはずだが、工藤はジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長とツーカーの仲で、キムタクのイメージアップにつながれば、というメリー氏との共通認識のもと、コメントが許されているのだろう。

おまけに、囲み取材程度ならば、短過ぎて真意が伝わらないので、たっぷり自身の“反論”を乗せてくれる週刊誌、それも、ジャニーズに対してそれほど敵対的ではない『フライデー』を選んだのだろう」(芸能記者)

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/11966604/]

原因は芸能プロの派閥争い!?

しかしここへきて、木村の残留は工藤の個人的な希望ではなく、バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏の“差し金”だったというのが、各大手芸能プロの共通認識となっています。

工藤が所属しているプロダクション尾木はバーニング派であり、現在でも周防氏と工藤は良好関係が続いているそうです」(芸能プロ幹部)

なぜ周防氏は、木村の独立阻止に動いたのか? その背景には、昨年の時点で、SMAP全員の移籍先となるはずだった田辺エージェンシー・田邊昭知社長との“不仲”が関係しているようだ。

「盟友関係として知られ、ともに“芸能界のドン”と称される周防氏と田辺氏ですが、近頃では“絶縁寸前”とまでいわれるようになっています。

田辺エージェンシーが、SMAP全員を引き抜くことになれば莫大な利益を手にすることになるため、周防氏は、なんとしてもそれを阻止したかった。

だから工藤に指示をして、木村にジャニーズ残留を訴えさせたのでは? とみられています。メンバー間の不仲が解散原因などといわれていますが、大手芸能プロによる派閥争いに巻き込まれたという可能性も浮上してきたわけです」(同)

グループが解散する来年以降、場合によっては、芸能界の勢力図に大きな変化がもたらされるのかもしれない。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/11966395/]

ネットの反応

・自宅直撃するなら、SMAPメンバーのところに行って話聞いてきてよ
・この婆ァ嫌いだけど、まんまとメリーに利用されてんなw
・この嫁がしゃしゃる事でますますバッシングでしょこれ
・出れば出るほどキムタクブランド失墜なのに
・もう何をやっても無理
・スマップ全員が被害者やろ 悪いのはジャニーズ
・これ、思った通りの記事だった 嘘っぱちの言い訳
・サーフィンのあとトランクのドア開けてそこで着替えてるの撮られたのフライデーじゃなかったっけ?よく答えたなw
sc20160902-2

引用元:GOSSIP!

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます