ピース綾部が芸能活動を休止して、NYに行く理由がこちらwwwwwwwww

芸能ゴシップッス!

7af6066d-s

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:08:56.38 ID:CAP_USER9

まんたんウェブ 10月9日 0時33分配信

お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんが10月8日、今後の活動について
東京都内で緊急会見を開き、来年4月から米ニューヨークを拠点に活動することを
明らかにした。所属事務所の吉本興業はやめず、コンビも解散しない。

綾部さんは「自分でずっとハリウッドデビューと言ってきましたが、どうしてもやっぱり
アメリカの方で勝負したいという気持ちが捨てきれず、4月からその夢に向かって
ニューヨークに行きまして、活動をそちらの方でやっていきたい」と発表した。
「結構前から決めていて、どうしても行ってみたいなという思いが強くて。
来年40(歳)になるんですけれど、40の年にアメリカに行って勝負したい」と
経緯を説明、決断の理由には、相方の又吉直樹さんが芥川賞を受賞したことも
あったといい、「先生(相方の又吉直樹さん)は偉業を成し遂げた。自分は
そのままでいいのか、というのが強くなった」と振り返った。

現在は英語が全く話せないといい、「2、3年はとにかく英語を身につけたい。
単語が(アルファベットの)Cのところまで」というレベルだと明かしたが、
最終的な夢は「ハリウッドスターになって1回でいいからレッドカーペットを
歩きたい。アメリカでビッグになって帰ってくる」と宣言した。

現在レギュラー出演している番組があるが、日本での活動は来年3月いっぱいで
終了する。又吉さんには6月頃に意向を伝え、「行ったらいいんちゃう?
勝負してきてください」と応援しているという。コンビは、活動休止とは言わないが、
綾部さんが頻繁に帰国する予定はなく、実質の休止となる。所属する吉本興業には
「社長に『お笑い界の野茂英雄になりたいんです』って話したら爆笑されましたが、
『おもろいな。じゃあ、やったらええわ』と言ってもらえた」と感謝。
「半年で帰ってくるかも分かりませんけれど、今の段階ではビックになって
帰ってきたいと思います」と決意を語った。会見には、テレビ局やスポーツ紙、
ウェブなどメディア37媒体が集まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161009-00000001-mantanv-ent

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:23:53.92 ID:UYWyDat0O

>>1 何を言ってるのか
さっぱり分からんね

155: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:51:52.31 ID:DzbBzJ5w0

>>1
今のままでも十分に芸能界でおいしい思いができてんのに
何で海外に逃げんの?やっぱ理由はヤバいことか?

164: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:55:07.93 ID:Evbp5dAp0

>>155
吉本のお偉いさんに取り入るのが上手いんじゃない?
どうせ保障されてんだろ

223: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 02:10:19.50 ID:80jcT9ck0

>>1 現在は英語が全く話せないといい、「2、3年はとにかく英語を身につけたい。

????? 語学学校でUSのVISA取るつもりかな、それだけで終わりそう。

802: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 08:00:55.35 ID:8DlPBk0J0

>>1
薬抜きかな?
なんにせよ、何かしらをやらかして
ほとりぼりが冷めるまで、海外逃亡ってわけだ

837: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 08:19:43.86 ID:mgorr9ut0

>>1
別のことで成功して、今更相方ももう漫才やら掛け合いやらやる気ないやる必要ないだろうし、やっぱつらかったんだろうな

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:10:30.67 ID:cIEeem7iO

頑張れ!

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:10:45.90 ID:1vzlm7Qg0

日本でも受けてないのに?

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/09(日) 01:11:35.35 ID:07VvDTuV0

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます