死後最も稼いだ有名人・・・意外なあの人が!!

芸能ゴシップッス!

sibo

 

マイケル・ジャクソンが、米経済誌フォーブスの“死後最も稼いだ有名人”ランキングで2年連続トップに輝いた。

同 誌によると、2009年6月にプロポフォール中毒により他界したマイケルは、昨年1億4,000万ドル(約150億円)もの収益をあげたようで、シルク・ ド・ソレイユの「イモータル」や「ワン」のショー、ソニーATVミュージック・パブリッシングから出版されたカタログからの利益の半分、Mijacのカタ ログ、死後に出されたアルバム「エスケイプ」の売り上げがその総収益に貢献したようだ。

Pages: 1 2 3 4

3 Responses

  1. viral より:

    死んでからもこんなに稼ぐなんてすごい

  2. 適当な より:

    マイケルの子供のこづかいが3億円だっけ?それでも将来莫大な遺産も相続できるし。。むかーし日本人の子供で
    マイケルの養子にならないかって話題になったことあったけど、今涙目なんだろうなーww

  1. 2015年7月5日

    […] 同 誌によると、2009年6月にプロポフォール中毒により他界したマイケルは、昨年1億4,000万ドル(約150億円)もの収益をあげたようで、シルク・ ド・ソレイユの「イモータル」や「ワン」のショー、ソニーATVミュージック・パブリッシングから出版されたカタログからの利益の半分、Mijacのカタ ログ、死後に出されたアルバム「エスケイプ」の売り上げがその総収益に貢献したようなのです。 同ランキングでは1977年に他界したエルヴィス・プレスリーがマイケルの半分以下となる5,500万ドル(約58億円)で2位につけ、その後を4,000万ドル(約42億円)でチャールズ・シュルツが追っています。 そ のほか、2011年に亡くなり、翌年の2012年には同ランキングで首位に立ち、生前マイケルとも友人関係にあったエリザベス・テイラーが4位、 2,000万ドル(約21億円)でレゲエ界の伝説、ボブ・マーリーが5位、1,700万ドル(約18億円)でマリリン・モンローが6位と続く中、ジョン・ レノンが1,200万ドル(約13億円)で7位、アルベルト・アインシュタインが1,100万ドル(約12億円)で8位にランクインしています。 さらには「ドクター・スース」の著者セオドア・ガイゼル、ブルース・リー、スティーブ・マックイーン、ジェームス・ディーン、モデルのベティ・ペイジとさまざまなジャンルで活躍した5人が900万ドル(約9億6,000万円)でトップ10を締めくくっています。 [引用元] 死後最も稼いだ有名人・・・意外なあの人が!! | 芸能ゴシップッス! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます