【壮絶過去】成宮寛貴の生い立ちが悲惨すぎる…フライデーはこんな人を追い込んだのか…(画像あり)

芸能ゴシップッス!

310d5843-s

成宮寛貴の人生wwwwwwwwwwwww

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1481290083/
1: 2016/12/09(金) 22:28:03.78 ID:yYYzgbr0a
・幼少時に両親が離婚し母子家庭育ち
・小中学校でいじめを受ける
・唯一の味方の母親が中2の時に他界
・弟と共に祖母に引き取られる
・弟のために高校進学を諦め引越しバイト
・弟のために毎日弁当を作る
・家出をし新宿二丁目でアルバイトをはじめる
・弟が心配になり祖母宅に戻る
・弟の大学進学のために金を貯める
・弟が大学院に入るまで学費など全て面倒を見る
・俳優デビューしてブレイク
・週刊誌でシャブ疑惑
・芸能界引退

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

成宮くんの直筆の手紙。
心から信頼してた友達に裏切られた…

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

とりあえず成宮寛貴くんをここまで追い込んだ元凶『フライデー』は今すぐ廃刊すべきだと思います

成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年9月14日 – )は、日本の俳優。東京都出身。トップコート所属。

44fbf4889434dba5f72cac1f45d0602b

母子家庭で育ち、中学生(14歳)の時に母親が他界。成宮は高校には進学せず、引越しのアルバイトなどで自ら生計を立てて、弟には毎日弁当を作って学校へ持たせるなどして面倒を見た。「中卒の自分に何ができるか」と考え、芸能界入りする
2000年に、宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のケイン役で俳優デビューした。この時は、「平宮博重」名義で出演していた。翌2001年に『溺れる魚』で映画デビュー、2002年にはJ-PHONE(当時、後のソフトバンクモバイル)のCMに出演するとともに、日本テレビにて放映された『ごくせん』に野田猛役として出演。
2007年にニューカレドニア観光親善大使に就任した
2010年、TBS系連続ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』で主人公の高校2年生・品川大地役を27歳にして演じる。同作品は成宮にとっては初の地上波連続ドラマ単独主演作であり、ドラマ放送期間中は「品川大地オフィシャルブログ」(既に閉鎖)なるブログも更新された。
2012年、『相棒』のseason11から3代目相棒・甲斐享役で出演。2015年のseason13を以って卒業した。当初は2年の約束であったが、水谷やスタッフサイドの要望により1年延長された

2016年12月9日、所属事務所を通じ芸能界からの引退を発表した。

wiki

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます