【意外すぎ】聞いて驚くレースクイーン出身の女性タレントたち BEST10は?

芸能ゴシップッス!

eye

抜群のプロポーションで観客を魅了するレースクイーンたち。そんな“サーキットの女神”ともいうべき仕事を、意外な美女タレントたちが、かつてやっていた!

いったいどんな面々なのか、気になる当時のエピソードとともに紹介してみよう。

共立女子大学在学中の2009年にレースクイーンとしてデビューしたのが、モデルで女優の菜々緒(28)。

股下85センチの美脚ということもあり、2010年にはレースクイーンの最高峰『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー』に輝くなど脚光を浴びた。

大学生だったものの、1、2年生のときに単位を多く取っていたので、デビュー時の3年生から仕事に力を注ぐことができたという。その後はモデル、女優へと華麗に転身。昨今の活躍ぶりは誰もが知るところだ。

レースクイーン経験のあるモデルといえば、中村アン(29)も忘れてはならない。

東洋英和女学院大学2年生のときに、モデルオーディションでグランプリを獲得。その後、ファッション誌のモデルやタレントをするかたわら、2010年にスーパーGTのイメージガールユニット『G☆RACE』(グレース)の一員として、レースクイーンデビューを果たしている。

菜々緒も在籍した同ユニットでは、オリジナル曲をリリースをしているが、けして美声とは言い難いだけに、本人にとっては隠したい過去なのかもしれない。

タレントのおのののか(25)も、かつてレースクイーンをしていた一人。

東京ドームでビールの売り子をしていた際には、1日に400杯も売り上げた伝説の持ち主だけに、その男ウケの良さはレースクイーンの仕事でも存分に発揮された。

2014年の東京オートサロンでイメージガールを務めるなど、他を圧倒する存在感を見せつけたが、バラエティやドラマの仕事が忙しくなり始めたことから、タレント業に専念。

残念ながら、レースクイーンの活動は現在のところ、休止している。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます