深田恭子、ドラマ入浴現場でこぼれたピンク乳首の激エロシーン。(画像あり)

芸能ゴシップッス!
e2beb613-s
1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 20:04:49.81 ID:CAP_USER9.net
「自然な表情を出したいんで、何も着けなくて大丈夫ですよ」
と、全裸入浴撮影を自ら志願。入浴時に一瞬ピンクの乳首が見え隠れした瞬間があったほど…。実は、このシーンの撮影の際、スタッフが乳首や股間を隠すニップレスと前貼りを用意したところ、彼女は、それらを使おうとしなかったというのだ。深田恭子(34)が初めて妻役を演じているTBS系連ドラ『下剋上受験』(金曜午後10時)で、ついに“全裸入浴シーン”を解禁し、話題騒然となっている。
「このドラマは、中卒の父親と低偏差値の小学生娘が難関中学受験を目指す物語で、深キョンは、父役である阿部サダヲの妻を演じています。学歴社会がテーマの作品なのですが、1月13日放送の初回から、いきなり入浴シーンを解禁し、その三十路裸体のエロさに視聴者を興奮させたのです」(放送記者)

それは、深田と子役が一緒に自宅の風呂に入っているシーンだ。
「頭にタオルを巻いて髪をアップにした深キョンと子役が並んで湯船に入り、笑顔で数え歌をしたのです。深キョンは両腕の肘を湯船のヘリにかけるようにして前かがみになっているため、乳房は両腕に隠れた形ではありました。とはいえ、おっぱいをカバーしきれずに、やや浮いたような腕の様子から見ても、Fカップ乳がこぼれ落ちる寸前の状態であったことがうかがえ、セクシーでした」(同)
入浴シーンでは、撮影現場にいたスタッフから“たわわな乳房”と“ピンクの乳首”が目に飛び込んできた、という羨ましい声が上がった。

深田の入浴効果もあってか、初回、2回とも放送視聴率は、1桁が当たり前とされる昨今では健闘といえる10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。
「実は深田、今後も毎回のように入浴シーンを織り込んでいく気が満々なのです。初回こそ、爆乳は両腕で“封印”しましたが、午後10時台ということもあって、どんどん露出を増やしていく方向。最終的には全裸シャワーやランジェリー姿まで披露していく予定のようで、視聴率が右肩上がりになれば、さらに脱ぎっぷりもエスカレートするでしょうから、期待は大きい」(同)

今回“全裸入浴”解禁に踏み切ったのは、私生活でも幸せを手に入れる寸前だからとみられている。相手はもちろん、極秘交際中の亀梨和也(30)だ。
「’15年1月公開の映画『ジョーカー・ゲーム』と、同2月スタートの連ドラ『セカンド・ラブ』で立て続けに共演して親密になり、1年以上、極秘交際しているとされる2人ですが、すでに亀梨は深キョンに対し、近い将来の結婚を約束していると言われます。つまり深キョンは婚約を勝ち取っている状況で、上機嫌なのです」(スポーツ紙記者)

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます