【驚愕】須藤凜々花の父親と母親・家庭環境がヤバイ!!!これ見ても叩けるのかよ?wwwww

芸能ゴシップッス!

64167193-s

【芸能】<須藤凜々花>偏差値67で座右の銘は「人生を危険にさらせ」批判は承知 「結婚宣言」のウラに複雑家庭事情

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1498011538/
1: 2017/06/21(水) 11:18:58.95 ID:CAP_USER9

17日に行われた「第9回AKB48選総選挙」で結婚を発表したNMB48の須藤凜々花(20)。ネット上では当然のようにファンからの批判が殺到。偏差値67で夢は哲学者と語る才女なら、こうした反響は百も承知だったはずだが、20歳での結婚宣言のウラには「生まれ育った環境も大きいのでは」と語るのは須藤家に近い人物だ。

こう続ける。「父親はひと昔前、ある有名飲食店グループの代表を務めており、一時期は業界の“風雲児”の異名をとっていました。須藤が幼少のころは、両親の稼ぎはかなりのもの。そのため、恵まれた環境で育ちました。しかし、父親の女性問題が原因で今から10年以上前に離婚。須藤は弟とともに母親に引き取られました」

■座右の銘は「人生を危険にさらせ」
成長した須藤は東京・多摩地区で屈指の進学校に進学。高校在学中に「AKB48グループ ドラフト会議」の候補者オーディションに合格してドラフトにかかりAKB入り。昨年の総選挙のスピーチでは、母親が子宮頚がんを患っていることを告白。「本当は卒業発表しようと思っていた。東京の実家に帰ろうと思っていた」とも明かした。

「両親が早く離婚したので温かい家庭にあこがれているのではないでしょうか。弟の保育園の送り迎えもするなど素顔は優しい子なんです。『文春オンライン』で交際が報じられた相手は都内在住の医療関係に従事する一般男性。結婚して大阪から都内に戻り、母親のそばにいてあげることになるのでは」(同前)

波乱の総選挙から一夜明けた18日には胸に英語で「こんちくしょう!」という意味を表すスラング「DAMN」と書かれたTシャツを着て空港に登場。近々予定されている会見では厳しい質問が飛び交うことは必至だが、ニーチェの言葉である「人生を危険にさらせ」を座右の銘とし、同名タイトルの著書を出版した“超人アイドル”は何を語るのか。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます