市川海老蔵「かくしご」の今、日置明子と隠し子供の現在がやばい(画像あり)

芸能ゴシップッス!

eye

市川海老蔵が小林麻央が旅立って以降も、ブログを更新し、小林麻央について思い出を語っている。

そんなブログに小林麻央の治療について、海老蔵は「あらゆる手を尽くした」と語り、その中でスピリチュアルにも頼ったこともあったという。

一生懸命、頑張って生きた小林麻央に勇気づけられた人は多かったことだろう。

現在、市川海老蔵は独り身だが、女性セブンでは「市川家としてもいつまでも独り身というわけではかない」と再婚の話が浮上していることを報じている。梨園の妻は必要だし、家系的にも周りから再婚を促されている事実。

また、つい先日、市川海老蔵のブログで娘のことを考えて、今すぐにでも「もう一人女の子が欲しい」と唐突な発言されていることから、再婚はそう遠くはない未来といえるだろう。

結婚は、感情では計り知れない周囲の見えない圧力がある。

女性セブンでは、小林麻耶との再婚説が浮上しているが、市川海老蔵には隠し子と呼ばれている日置明子との間の子がいるので、日置明子と再婚もある得るのか?との2chでは噂になっている。

今回は市川海老蔵の隠し子の母親・日置明子についてまとめてみた。

■目次

・市川海老蔵と日置明子の関係
・歌舞伎界での隠し子騒動
・市川海老蔵が日置明子と結婚しなかった理由
・市川海老蔵が日置明子とかくしごが一緒に暮らす可能性

市川海老蔵と日置明子の関係

市川海老蔵の隠し子が発覚したのは、小林麻央と結婚前の2003年に日置明子との間に隠し子がいることを女性週刊誌がスクープした。

隠し子 海老蔵

海老蔵は都内のホテルで会見し「ボクの子供です。女の子です。認知もしております」と隠し子について認めつつも、日置明子との結婚については否定した。

海老蔵の隠し子は、当時1歳の女の子。
現在では15歳の中学3年生で、来年には高校生になる。この会見以降、日置明子とは会ってはいないそうだが、毎月100万円の養育費を払っていると明かした。

日置明子(ひおき あきこ)
隠し子 海老蔵1

生年月日1974年2月5日
出身 鳥取県米子市

女性誌an・an等のモデルを経て、1995年1月11日に木根尚登のプロデュースにより、Winter comes aroundでデビュー。このころから市川海老蔵と知り合い、交際に発展。

2002年に海老蔵との間に女児を出産。(この時期から事実上の芸能界引退)

2003年2月、市川海老蔵が会見にて子供を認知、養育費を支払っていることを説明している。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます