【中居正広】「自分さえよければいい」!残留を決めたジャニーズとの密約とは…

芸能ゴシップッス!

aab4c6836531d971a8181ccf0aa78e34

中居正広はジャニーズ事務所と”密約”があるという。


中居正広がジャニーズ事務所に残留することになった経緯上に“密約”があることが明らかになった。

「中居は去年に発覚した『SMAP』の独立計画の首謀者です。元マネジャーI氏と新しい芸能事務所を設立してジャニーズ事務所からの独立を画策しましたが、木村拓哉が一転してジャニーズ事務所に残ると言い出したため、計画が破綻しました。中居は昨年1月に放送された『SMAP×SMAP』の生放送で謝罪することになった際、メンバー5人のなかの一番左端に並ばされ、悔しそうな顔をしていました。その後、SMAPは解散への道を辿ることになったのです」(ジャニーズライター)

中居は謝罪をした時点で、ジャニーズ事務所内での地位を大きく落とした。それまでは近藤真彦東山紀之、中居、木村の序列だったが、中居はここから除外された。そして、中居の行動を『週刊文春』を通して批判した滝沢秀明が、中居の立場だった3番目まで上り詰めた。

「ジャニーズ事務所は、造反した中居を以前のような地位に置いておくわけにはいきません。しかし、中居は人気タレントなので、これまで以上に働くことで造反のことを帳消しにするということになったのです。しかし、元の地位に戻すのは難しいので、より一層働くことを条件に“特別待遇”を与えたのです。これによって中居は、ジャニーズ事務所に“永久忠誠”を誓うことになったのです」(同・ライター)

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます