【驚愕】内村航平が衝撃のカミングアウト!!!!!

芸能ゴシップッス!

8a19819a-s

【体操】内村航平が幼少期の過酷なコンテナ生活を告白「環境としては最悪」

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504593040/

1: 2017/09/05(火) 15:30:40.99 ID:CAP_USER9

4日放送の「くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人」(日本テレビ系)で、体操競技選手の内村航平が、幼少期にコンテナで生活してたことを明かした。

番組では「内村航平世界一になれた理由 過酷&家族4人でコンテナ生活」と題し、内村の強さに迫った。内村は、幼少のころ家族とコンテナで生活していたと告白し「冷暖房なし。冬はクソ寒い、夏はクソ暑い」「環境としては最悪」と振り返る。

内村が幼少のころ、両親は船の貨物運搬用コンテナを借りて体操教室を開いていたという。コンテナは一家の住居でもあり、7畳の生活スペースに家族4人で暮らしていたとか。夏になるとコンテナには熱気がこもり、過酷な環境での生活だったそうで、内村は「家兼体育館だけど、余裕で家の中に虫がいるヒドい中でやっていた」と話す。また、冬には結露した床で転倒したこともあったそう。内村は「ガンッて打って記憶なくなって。目を開けたらソファーの上で寝てて『なんでオレここにいるんだろう?』って」と、当時の様子を語った。さらにコンテナには湿気がこもるため、鉄棒はサビだらけだったという。

しかし、こうした過酷な環境が現在の内村の強さにつながっているそうで、内村は「世界選手権とかオリンピックに行ったら、日本製ではない器具でやらないといけない」「(幼少期に)ボロボロの器具とかでやってたから、結構柔軟に対応できる」と話していた。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます