元AKBたちの濡れ場事情 永尾まりや・板野友美・篠田麻里子・松井玲奈・川栄李奈・前田敦子(画像あり)

芸能ゴシップッス!

o20171225-1

12月16日に放送された土曜ドラマ24『フリンジマン ~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)で、元AKB48の板野友美(26)がベッドシーンに挑戦。ネット上では反響が相次いでいる。

ドラマで板野は“料理教室に通うお嬢様”として出演し、大東駿介(31)演じる田斉治とベッドを共にするシーンを演じた。

体が絡み合うシーンこそなかったものの、板野が裸でベッドに入っているシーン、体のラインが浮かび上がるバスタオル1枚でシャワーへ向かう姿などが披露されて反響があった。


これには「刺激が強い!」「スタイル良すぎ」と喜ぶ声の一方で、「あ、とうとう脱いだのね」「落ちぶれたもんですね」といった心ない声もあがり賛否両論となっている。

板野は8月に発売した写真集『release』(講談社)でも大胆にお尻を出した写真を掲載したりと、近年、肌の露出面積は増している。それを「成人だし、芸能人なんだし普通の仕事」と受け取るか、「落ちぶれた」と取るかは受け手の認識次第だろう。


AKB48時代も下着や水着で踊るPVは少なくなかったメンバーたちだが、卒業後に女優の道へ進んだ多くの元メンバーが、濡れ場を演じている。

その演技力はさておき、濡れ場を演じることはもはやアイドルではないことの証明でもある。

篠田麻里子(31)は2017年12月9日公開の映画『ビジランテ』で、車中の濡れ場を演じた。予告映像でも、鈴木浩介(43)に覆い被さられた篠田が艶やかな表情を浮かべるシーンが確認できる。

9日に行われた映画の舞台あいさつでは篠田が「私たちの覚悟が詰まった作品」とコメントし、12月4日公開の「シネマトゥデイ」のインタビューでも、同作を通して「女優としてやっていこうという覚悟ができた」と語るなど、女優として一皮剥けたようだ。

篠田はBS-TBSの『水戸黄門』にくノ一役で出演し、入浴シーンも注目を集めた。ただ脱いだだけで色気が漂うかどうかは別問題だが、そこに躊躇はないようである。

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます