北海道栗山町焼肉店「とんとん亭」で中3女子が食中毒で死亡 さらに同店で食事をした男女14人中5人からカンピロバクター菌が検出

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaaaaaaa称未設定-1

3月中旬に北海道栗山町の焼肉店「とんとん亭」で発生した集団食中毒で、入院していた14歳の女子中学生が4月1日に死亡していたことがわかった。 

岩見沢保健所によると、3月19日に同店で食事をした男女14人が食中毒の症状を訴え、そのうち5人からカンピロバクター菌が検出されているという。

thumd4578

同店はバイキング形式の焼肉店。「食べログ」の同店のページには、陳列されている焼く前の生肉とサラダの写真が掲載。

その写真を見ると、サラダが置かれているその上の棚に生肉が陳列されており、生肉を取ろうとすると下のサラダの中に、肉汁が落ちてしまう可能性も考えられる。

また、肉とサラダで別々のトングが置かれているが、取り替えるのが面倒くさくて、同じトングを使ってしまう客がいてもおかしくはなさそうな状況だ。

ネット上でも「トングの使い回しもそうだが、サラダに肉落とす事だってあるから、サラダと肉を逆にするべきだろ」「お店の写真見たけど肉のトングでサラダつかんだら簡単に食中毒なりそうだったね」などと、トングが食中毒の原因になったのではないかとの指摘も多い。 

もしも生肉とサラダがもっと離れた場所に置かれていれば、食中毒も起きなかったかもしれない。 

岩見沢保健所は、同店に対し3月27日から4日間営業停止処分を命じている。

ランチ900円 ディナー1200円
no title


no title

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます