新人警察官が配属2か月めに署内トイレで拳銃自殺…「息子は警察に殺された」現職警官・父が語る、愛知県警の壮絶なイジメ

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaa名称未設定-1

父のように警察官になって社会のために働きたい――幼いときからの望みどおり、米山雄司さんは愛知県警に入った。だが、警察署に配属されて2ヶ月後の2010年11月29日、署内で拳銃自殺した。享年24歳。悲嘆に暮れる両親の前に浮かびあがったのは、「イジメ」疑惑だった。ささいなミスで長時間罵倒する、公衆の面前で数百回の腕立て伏せをやらせる、眠らせない、私物をひっくり返す、執拗な退職強要――“心ある警察官”から、匿名の内部情報がもたらされたのである。だが愛知県警は、一般社会では明らかにパワハラとみなされるような数々の事実を認めながらも、「本人の出来が悪いのが原因だ」と責任を全面的に否定。死人に口なしと言わんばかりの冷淡な態度に、両親は無念と怒りを募らせ、国賠訴訟という戦場で戦いをはじめた。

ReportsIMG_J20150411145831

愛知県警中警察署地域課に配属され、交番勤務をはじめて2ヶ月後、拳銃で自らの頭を撃って自殺した米山雄司さん(24歳)。先輩巡査部長らから激しく怒鳴られ、退職を強要されていたことがわかった。

◇幼いころからの夢は実現したが…

「お父さんのようにお巡りさんになって悪い人を捕まえる」

両親によれば、息子の米山雄司さんは保育園のころから警察官になるのが夢だったという。そして夢をあたためて、念願どおり、愛知県警の警察官になった。

しかし待っていたのは、悲惨な結末だった。2010年11月29日昼ごろ、配属先となった中警察署のトイレ内で、拳銃で頭を撃ち、自殺したのだ。24歳の若さだった。

この日起きた衝撃的な出来事を、現職警察官である父・洋司さんが振り返る。

「拳銃の吊りひもが無くなって困っている――朝方息子からそんな電話がありました。よく探せ、見つかったら電話しろ。そう伝えて切りました。またイジメられるんじゃないかと心配でした。先輩らからイジメられていると聞いていたものですから…」

Pages: 1 2 3 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます