千葉県船橋市の18歳行方不明少女監禁殺人の事件の真相がついに明らかに…野口愛永さんが犯人に殺害されるまでがヤバイ

芸能ゴシップッス!

aaaaaaaaaaa名称未設定-1

「どうしてこんなところに」――現場近くの住民からも驚きの声が上がった。

きのう(24日)、千葉県芝山町の畑から船橋市に住む野口愛永さん(18)とみられる遺体がみつかった。遺体の頭部は何物かで何重にも巻かれ、顔がすぐ判別できないような細工がされていた。

遺体の発見現場は成田市との境を走る県道沿いの空き地の一角。そばの成田空港から飛行機の爆音が鳴り響く。近隣住民の散歩コースで、「見慣れない人がいれば目立つ」(住民)という。

野口さんは19日夜、千葉市中央区の繁華街「栄町」の路上で友人らと歩いていた際、レンタカーに乗った男女4人組に連れ去られた。県警はきのう、主犯格とみられる住所不定・無職の井出裕輝容疑者(20)を逮捕。これで逮捕者は、中野翔太容疑者(20)のほか、少年(16)、少女(18)の計4人となったが、無残な姿で埋められていた少女の周辺で何が起きていたのか。

■服装や見た目が最近派手に
野口さんは両親と妹2人の5人家族。父親はダンプカーの運転手で、十数年前、船橋市に引っ越してきた

愛永ちゃんは年の離れた妹思いのお姉さん。お父さんはしつけに厳しい人でね。彼女は道で会っても、ちゃんと挨拶するマジメで礼儀正しい子でしたよ。ただ、最近になって服装や見た目が派手になって、今年初めごろから姿を見かけなくなりました。厳格なお父さんと衝突したのかな、と心配していたのですが……」(近隣住民)

父親は一部メディアの取材に「娘は18歳になって家を出て行った」と話している。

家出した彼女がたどり着いた先は、夜の世界だった。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます