【前代未聞】萩原流行、生前に残していた遺言の中身に波紋が広がる…

芸能ゴシップッス!

451c916e

4月22日にバイク事故を起こして亡くなった俳優の萩原流行さん。
同じ場所で何度も事故を起こすなど、かねてから危険を指摘されていながらの事故に近隣住人からは批判的な声も上がっているが、そんな萩原流行さんが生前に残していた前代未聞の遺言の中身が物議を醸している。
萩原流行さんが遺していた遺言状の前代未聞の内容

事故の全容解明が待たれる中、遺体の今後にも注目が集まっている。
萩原さんの通夜・告別式は執り行わず、墓も作らない意向。まゆ美夫人は1996年に作成された遺言書を手にし、火葬後に「どこに安置するかは決めていない」と首を振った。故人はどこで安らかに眠るのか――。

生前親しかった知人女性はこう証言する。
「萩原さんは無宗教で、実家の墓も持っていないそうです。自分に万が一のことがあった場合、通夜・告別式も行わず、火葬だけするいわゆる“直葬”という形式を取ってほしいと要望していました」

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます