紗綾、JS時代のグラビア仕事に本音激白「嫌でしたね…汚いものをいっぱい見ました」(画像あり)

芸能ゴシップッス!
eye
1: 名無し@\(^o^)/ 2018/11/04(日) 11:07:36.00 0
11月3日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、グラビアアイドル・紗綾が、東京・初台にある「名西酒蔵」へ。
小學生の頃からグラビア活動をしていた紗綾が、当時の本音を激白した。まずは「すだちパッチョ」「フィッシュカツ」をアテに、すだちビールで乾杯。
福岡出身の紗綾は、11歳の時に芸能界デビュー。
東京の芸能事務所にスカウトされ、小学校5年生の頃からグラビア活動をしていたそう。
今は法律に触れるためその手のグラビアはないというが、当時はアイドルブームで、紗綾はその頃を振り返り「嫌でしたね…大人に言われるがままにお仕事をしていたみたいな感じ。汚いところをいっぱい見ました」とコメント。
松岡が「よく育ったねぇ…」と感心する場面があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00168094-the_tv-ent
no title

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます