【悲報】華原朋美 自殺未遂

芸能ゴシップッス!

cae2dac7-s

31日放送の日テレ『イキテク 超ベテラン賢者の金言バラエティ』に、歌手・華原朋美が登場。心の病と闘った自身のツライ過去についてテレビ初告白した。

平均年齢82.4歳の賢者たちと真剣トーク

『イキテク』は、現在起きている様々な問題について、平均年齢82.4歳の人生の賢者たちに、貴重な意見を聞くというマジメなトークバラエティ。

番組中盤で取り上げたのは「精神的に病んでいる若者が急増している」というテーマ。厚生労働省によると、現在、精神的に病んでいる若者が多く、うつ病患者数は10年程前から急増。増え続ける患者に医療機関が対応しきれず、短い診療時間で薬の投与に頼る治療が行われることも少なくないという。

華原朋美が、自身の体験を初告白!

15~34歳の若い世代の死因が、不慮の事故、がんをおさえて”自殺”がトップとなっている現状を受け、華原は「わかります。すごくわかります。頼るものが薬になってしまうというのは、私も同じ経験をしてきているので。ほんと、それ(薬)しかなくなっちゃう」と、深く頷いた。

さらに、「私自身も自殺(未遂)もたくさんしたし、考えたし。でも、どこかに勇気がなくて、死にきれなかった。元々、依存体質っていうのもあって、薬に頼っていってしまう。自分の人生として本当に厳しかった」と、告白した。

当時の心理状態を赤裸々告白!

MC千原ジュニアから、当時の心理状態を聞かれた華原は、「誰も信用できない。誰かが何かを言ってきても、それは迷惑でした、正直言うと」と告白。

「今は、その時、声をかけて来てくれた人に対して、イヤな態度をとって申し訳ないという気持ちはいっぱい」としながらも、「その時は、『頑張ってね』と言われても、頑張ってるのに『頑張って』じゃないでしょ?というのはあった」と、語った。

Pages: 1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます